ファッション

ホストのようなスジ盛りの髪型のセット方法

今回はホストのようなスジ盛りの髪型を作るセット方法の分かりやすい動画がありましたのでシェアしたいと思います。

ime-zi
今回の記事+動画を見ながらセットすると上記
画像のマネキンのような髪型を作ることができます。

 

ホストのようなスジ盛り&外ハネの髪型ですね。

 

ホストのようなスジ盛りの髪型を作るのに必要なアイテム

まずは髪型をセットするための準備です。

 

必要なのはストレートアイロン、ヘアワックス
ヘアスプレー、鏡、くしですね。

 

ストレートアイロンはこちらの記事で紹介している
モッズヘアーのやつが使いやすいです。

参考記事:【髪型】男のくせ毛改善!直し方5選

 

ヘアワックスはナカノかアリミノ、ヘアスプレーは
VO5の緑のパッケージのやつで間違いないです。

 

鏡は2枚あると合わせ鏡で後頭部や後ろ側の
セット具合が確認できるので立て鏡1枚と手鏡
1枚の2つあると捗ります。

 

ヘアアイロンの温度は低すぎるとクセに負けて
思うようにスタイリングできないですし、高すぎると
毎日利用すると髪が痛みます。

 

僕自身は180度程度でなるべく、長時間の
使用を避けるように早めに髪をアイロンに通す
ように心がけています。

 

ホストのようなスジ盛りの髪型のセット方法【動画】

 

ホストのような髪型セット方法徹底画像図解

ストレートアイロンでのベース作りの手順

 1.ストレートアイロンで襟足から耳上までを
外はねにしながら作りこんでいきます。

ime-zi

このとき、横着して束を一気につかんでやると
良い具合に立体感が出なくなります。

なので一箇所ずつ、丁寧に外ハネを作って
いきましょう。

 

2.前髪の分け目をはっきりさせます

ime-zi

分け目は左目の黒目の外側からまっすぐ上がった
ところで分けるとモデルケースにより近づきます。

 

3.両サイドの髪にアイロンを当てて作りこんでいく

ime-zi

動画の中ではサイドの髪を目に近いほう
の箇所をサイドフロント、顔の真横箇所を
サイドと呼んでいます。

 

サイドにアイロンを当てるときは後ろの
外ハネと馴染むようにふくらみすぎない
程度に外ハネを付けていきます。

 

サイドフロントは前に髪を引き出すように、
そして顔にかかるようにアイロンをかけて
いきます。

 

逆サイドも同様です。

4.前髪にアイロンをかけていきます

前髪の生え際は特にクセが強いので
根元からしっかりとアイロンをかけると
クセがでないです。

5.フロント部分にアイロンをかけます

ime-zi

一気にやるのではなくて、束は少なめに
とって前からトップに向かって少しずつアイロンを
かけるといいですね。

慣れてきたら天井に向かって垂直にアイロンを
かけるのではなく以下のようにCカーブを描くように
アイロンをかけたほうが自然です。

書き画像の赤矢印の方向ですね。

ime-zi

 

以上でアイロンを使った髪型セット部分、ベースの部分は完了です。
頭の形にもよりますが、モデルケースではこの時点で
以下のような仕上がりになっています。

無題

 

続いて逆毛を立てていく作業です。
ホストヘアーではココがキモとなります。

 

逆毛の立て方・作り方の手順

1.まずアイロンで仕上げた髪全体にワックスを
もみ込んでください。

 

2.センターのトップからくしで逆毛を入れていきます。

無題

2-1.逆毛は毛束をつかんで、くしをいれて上下にくしゅくしゅ
っと動かすことで立てることができます。

2-2.逆毛を立てたら根元にしゅっとスプレーを吹き込みます。

コレをトップから襟足に向けてどんどん繰り
返していきます。

 

動画では4箇所、センターに逆毛を作って
スプレーを吹き込んでいますね。

無題

 

3.指でつまみながらスジ感を作ってスプレーで
固めていきます

無題

 

4.サイド部分も逆毛を立ててスプレーを吹き込んで、
つまんでスジ感を出すを繰り返します。

無題

 

顔周り、特にフロントサイドの部分はボリュームを
出しすぎると顔がでかく見えるので抑えましょう。

 

5.トップからフロントを作りこんでいきます。

無題

ここでも逆毛を立ててスプレーを入れてスジを
作るという一連の流れは同じです。

 

毛束を多く取り過ぎないように注意しながら
トップから前髪にかけて階段を作っていくイメージ
でやると上手くいくかと思います。

無題

 

無題

 

6.最後に全体のバランスを整えたり、馴染ませたり
して終わりです。

 

うーん、文章で説明するとこういうのは中々
難しいですね笑

 

せっかく動画があるので動画を見ることを激しく
おすすめします。