中学生男子必見の身長を伸ばす方法と伸び率

Sponsored Links

今回は中学生男子が手っ取り早く身長を伸ばす方法を紹介します。

20100426_877484

僕は中学生になったばかりの時には背の順で前から
数えたほうが早かったのですが中学の中盤ぐらいから
急激に身長が伸びて今は175cm以上あります。

 

中学生が身長を伸ばすためのキーワードは
栄養、睡眠、ホルモン剤です。

 

中学生の身長の伸び率

参考までに中学生の学年ごとのざっくりとした
身長の伸び率データを記載しておきます。

学年 年齢 男子の平均成長(cm) 女子の平均成長(cm) 男子平均伸び率(%)
中1 11歳~12歳 7.4 5.1 6
中2 12歳~13歳 7.4 3.2 7.5
中3 13歳~14歳 5.5 1.6 7.5

ってか、女子だと中3にもなるとほとんど
伸びないんですね。。。

 

それに比べて男子は中学生の間は結構な
身長の伸び率で成長していくようです。

 

高校生…大人となっていくにつれて男子も
身長の伸び率は0に収束していきます。

 

中学生=身長を伸ばすためのゴールデンタイム
ですからしっかりと中学生のうちに以下の身長を
伸ばす方法を実践して伸ばしておきましょう。

 

男子中学生が劇的に身長を伸ばす方法3選

栄養に気を配って身長を伸ばす

特に中学生であれば部活動で激しい運動を行う
場合が多いのでたんぱく質が不足しがちです。

 

僕も中学のとき、部活動で毎朝6時から朝練で
意味不明なぐらい走ったし、午後連でも夜まで
運動してかなりエネルギーを使いました。

 

まぁサボり気味なほうでしたが笑

 

僕の印象ではこの頃、激しい筋トレをして
筋肉をつけることに必死だった友人の多くが
今、そんなに身長が高くありません。

 

意味わかんないぐらい体をいじめていた(筋トレ
用語で鍛えているという意味です)友人は今
160cmもないですね。

 

というのも身長を伸ばしてくれる成長ホルモンは
たんぱく質でできています。

 

激しい運動、筋トレでたんぱく質を消費して不足
したまま供給しないと成長ホルモンが生成されない
ので身長が伸びないんでしょうね。

 

中学生は部活動があるので激しい運動をするな、
とは言いませんがきっちりとエネルギーを使った後は
栄養素を補給しましょう。

 

具体的には食事において肉や魚などをもりもり
食べてたんぱく質を多めに摂ることですね。

 

食べ物がキーなわけです。

 

もしそれでも運動でのたんぱく質の消耗量のほうが
激しいならばプロテインなどから摂取するといいです。

 

僕の場合、中学生のとき夕飯の前にお菓子を買い食い
して夕飯を食べなかったなんて経験があります。

 

が、こういった食生活をしていると栄養が偏るの
で身長に弊害が出る可能性が高いです。

 

たんぱく質のほかにも骨を作るカルシウムや
成長ホルモンを活性化する亜鉛なども摂取すべき
ですから偏りのない食生活を心がけるといいです。

睡眠に気を配って身長を伸ばす

中学生ともなると、ついつい夜更かししがちに
なってきますよね。

 

特に男子中学生は夜中にいっぱい
やることがありますからね笑

 

しかーし!!

 

睡眠をおろそかにすると身長が伸びなくなります。

 

というのも寝ている間、正確には眠りに落ちるとき
の体温低下時に成長ホルモンが分泌されるのです。

 

夜更かしして、十分に睡眠をとらないと…
成長ホルモンが分泌されないですよね。

 

成長ホルモンが分泌されないと言うことは
骨も筋肉も成長しない=身長が伸びません。

次のページでは中学生が最も簡単にそして
強烈に身長を伸ばす秘儀をお教えします。

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Links


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す