LINEテンプレートのレビュー・感想

Sponsored Links

今回は巷で話題の上杉りゅう氏の恋愛教材LINEテンプレートを実際に購入してみたレビュー・感想を紹介したいと思います。

 

LINEテンプレートとは

会話コンサルタントの上杉りゅう氏の作った女性に好かれる
メール・LINE術をテンプレート化した教材です。

LINE

⇒LINEテンプレートの詳細こちら

 

今や異性とのコミュニケーションにおいてメールよりも
LINEのほうが圧倒的に多く使われています。

 

女性をデートや飲みに誘うにもLINEでのやり取りは
必須といっても過言ではなくなってきました。

 

そこで女性とのLINEでの会話の仕方やネタ等を
レクチャーしたのが当教材、LINEテンプレートです。

 

コンテンツは266ページのPDFファイルで、
内容はこんな感じです。

第0 章:はじめに

第1 章:LINE と好感度度について学ぶ
LINE とメールの違い
・リアルタイム性がある
・プロフィールの効果がある
・スタンプが使える
LINE が既読スルーされる原因と好感度度の関係
好感度度1:嫌いな⼈人
好感度度2:知り合い
好感度度3:友達
好感度度4:彼⽒氏候補
好感度度5:彼⽒氏

第2 章:メール3 原則で好感度度を増幅させる

原則1:追いかけさせる
1、⽂文章量量は同じか少なめに
2、メールの返信ペースは同じか遅めに
3、顔⽂文字、絵⽂文字、語尾は相⼿手より雑に

原則2:返信したくなるメールを送る
返信したくなるメール1:質問メール
返信したくなるメール2:指摘待ちメール

原則3:感情を出し合う
感情を出しやすくするコツ1:主役を⼥女女性にする
感情を出しやすくするコツ2:感情表現を優先する
感情を出しやすくするコツ3:⼥女女性を評価する

第3 章:LINE テンプレート
LINE テンプレートの種類と解説
テンプレートA―1:メールのきっかけを作る
テンプレートA―2:感情を出し合う
テンプレートA―3:デートの布⽯石を打つ
テンプレートA―4:デートを確定させる
テンプレートB―1:⼥女女性からのメールを待つ
テンプレートB―2:デート後の詳細を尋ねる
テンプレートB―3:感情を出し合う
サブテンプレートの種類と解説
サブテンプレート1:好感度度不不⾜足の時の対処法
サブテンプレート2:話題に困った時の対処法
サブテンプレート3:無視された時の対処法

第4 章:メール実録
メール実録1:みき
メール実録2:りか
メール実録3:ひとみ

第5章:おわりに

4章に実録のLINEメッセがそのまま載せられているので
女性とLINEでどういうやり取りをしたらいいかわからない人は
4章が特に参考になると思います。

 

LINEテンプレートの感想

まず先に言っておくと非常に良い教材でした。
ただしセールスページに書いてある”脈ナシでも決まったパターンを
使うだけで女性の恋愛感情を増幅させる”は誇大表現です笑

 

はっきり言って脈ナシの女性に一発逆転できるテクニックは
存在しないです。だって脈なしは脈なしですから。

 

ただ、セールスページの誇大表現を多めにみればほかは
本当に良いです。

 

世の中一般で”女性から返信が欲しかったら文末を疑問文
にしましょう”的なことをが言われています。

 

確かに場合によっては文末を疑問文にすれば効果的に相手
から返信をもらえますが、これもタイミングと適量が重要です。

 

例えば毎回のLINEのメッセが疑問文ばかりだとどう考えて
うざいですし、詮索感が出て警戒されます。

 

“○○ちゃんはどこ住みなの?前はどこに住んでたの?
休みの日は何してるの?”

 

など女性に対してクエスチョンマークのオンパレード的な
LINEを送る男性がいますがこれ結構評判悪いですよ。

 

恋愛テクニックに頼りすぎると恋愛が下手になるという典型的
な例ですね。

 

LINEテンプレートはこのあたりの解決策が非常に役立ちます。
クエスチョンマークをつけなくても女性から自然と返信が来るような
メッセの書き方が理論からしっかりとわかるので。

 

また書店に売っている恋愛ハウツー本のように”女性は褒めたら喜ぶので
褒めましょう”といったクソほどにも使えないことは書いておらず、褒めといじり
のバランス、それらを用いた実際のLlINEメッセの紹介など実践において非常
に使える形で載っています。

 

そしてLINEテンプレートは相手の女性が自分に抱く好感度の量に応じて
メールの内容や長さを変えるということを前提にしております。

 

例えば好感度が低い状態・知り合ってすぐの状態で”なんで彼氏と別れたの?”
なんてLINEメッセを送ったら場合によってはセクハラと取られる可能性もあります。

 

逆に好感度が高い状態・知り合ってからしばらく連絡をやり取りして信頼関係が
ある程度ある状態で同じ内容のメッセを送ったら高確率で盛り上がります。

 

本来、女性は恋バナが大好きですから。

 

要はタイミングなのです。

 

好感度が低い時は好感度が低いときに適した話題を送り、
好感度が高い時は好感度が高い時に適した話題を送る。

 

LINEテンプレートにはこのあたりの理論から具体例まで
しっかりと載っていますので今まで気にしてなかった方は
好感度によって内容を変えるという話をしている部分を
反復して読むといいですね。

 

好感度に応じて会話のネタを適切に帰るということはLINEの
メッセのやりとりだけではなく、女性との対面での会話の場合
にも当てはまりますしね。

 

LINEテンプレートのレビュー

個人的にLINEテンプレートの評価は
100点満点中85点です。

 

気になる女性とLINEのやり取りをする時に話題のネタが
分からないとか、今までLINEでメッセする段階で切られて
デートにこぎつけられないことが多々あったというかたに
は総じておすすめできます。

 

ただ、勘違いして欲しくないのはLINEだけで
惚れさせようとするのは無理があります。

 

たとえできるとしても効率が悪いです。

 

僕はLINEはデートや遊びに誘うためのツール
として捉えています。

 

惚れさせるのはLINEでデート・飲みに誘って
実際に会った時です。

 

なのでLINEで惚れさせようとかは考えていません。
あくまでLINEではデートに誘えるぐらいまで好感度
や魅力貯金を上げればOKと考えていますので。

 

で、このLINEテンプレートはそのレベルまでLINEで好感度を
上げるためのやり取りや会話のネタを学ぶのに最適です。

⇒LINEテンプレートの詳細はこちら

 

最後になりますがLINEテンプレート読む際はくれぐれも4章の
メール実録を読んで興奮しないようにしましょう笑

 

 

Sponsored Links


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す