【彼女の作り方基礎講座】恋愛での返報性の法則の使い方

Sponsored Links

今回は恋愛を有利に進めることができる心理学テクニックである返報性の法則の意味と使い方をお教えします。

 

恋愛における返報性の法則とは

返報性の法則とは何かされると”お返ししなくては”と
いう恩義を感じてしまう原則のことです。

 

友人に助けてもらったり親切をされたら、
“何かお返ししたいな”と思いますよね。

 

これが返報性の法則です。

 

あるいはお歳暮をもらったら、こっちも何かお歳暮を返さなくては
という義務感が生まれたりするのも返報性です。

 

人間は基本的に貸しを作ってほったらかしにしておくことに
ストレスを感じます。

 

だから自分がそのストレスから逃れるためにお返しを
しようとするんです。

 

ゆえに何かをあげたらなにかお返しが返ってきます。

 

恋愛においてこの返報性の原則を使う場合は、
“好意”を与えて”好意”をお返ししてもらうのが効果的です。

 

これを好意の返報性と呼んだりします。

 

好意の返報性が働けば自分が相手に好意を抱いている
ことをアピールすれば相手も自分に対して好意を抱いて
くれます。

 

僕も以前、全く気にも止めなかった女の子に
“Lさんかっこいい”とか”Lさんみたいな彼氏がほしい”とか
言われているうちになんとなくその女の子を異性として
みるようになりました。

 

これを逆に使っていくのです。

 

つまり自分が相手に対して好意を持っていることを
アピールすればいいわけです。

 

恋愛での好意の返報性を使う具体的方法

自分がその女性に好意を抱いていることを
伝えればいいのですが、テクニックとして使う際は
さりげなくやっていくほうが効果的です。

 

“○○ちゃん優しいねー、そういうところ好きだわあ”

とかですね。

 

もっとライトな感じのやつだと、

“料理できるの?そういう子が彼女だったら男は幸せだな”

とかですね。

 

あなたのことが好きです、付き合ってくださいという告白も
好意を伝えているわけですから好意の返報性は働きますが
これはさりげなくではないですね笑

 

さりげない好意をもっと噛み砕いて説明すると、
要するに人としての好きなのか、異性として好きなのか
ぼやっとしている好意のことです。

 

告白して好意を伝えるという場合は完全に異性として
の好意が伝わってしまいます。

 

好意の返報性を恋愛において有利に使って相手に
あなたのことを気になってもらうためにはそれよりも
もっとぼやっとしていたほうが効果的です。

 

“あの人は私に行為があるようだけど、人としてなのか
女としてなのかどっちなんだろう”

 

このようにあなたのことを考える時間が増える
わけです。

 

そして”気づいたら私あなたのことばかり考えているわ”
と錯覚させるのです。

 

また正攻法の好意の返報性とは違いますが
褒めるというのも有効な手法で、相手を褒めたら返報性が
働き相手もその分あなたを褒めようと試みます。

 

この過程であなたの良いところを探すので、結果として
自然とあなたに好意を抱きます。

 

 

 

Sponsored Links


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す