断られない!デートの誘い方(メール・LINE編)

Sponsored Links

LINEやメールで断られないデートの誘い方3ステップ

1.相手のことを徹底的にリサーチする

2.コミットメントを取る

3.リサーチに応じて誘い方を工夫してメールを投げる

 

例えばあなたが意中の女性をデートに誘いたい場合、
リサーチで相手がディズニー映画が好きだと分かったとします。

 

そこでディズニーの新しい映画がやっているという話を
振って、コミットメントをするように誘導してコミットメントを
取ってから一緒にディズニーの映画に行こうと誘います。

 

=============================

【例:デートに誘う】

男「ディズニーの最新の映画来週から始まるね!」

女「うん、超楽しみ。早く見たいな」

男「映画館で働いている友達がチケット2枚くれたんだけど
一緒に行かない?」

=============================

赤字で女性はディズ二ー映画を見たいとコミットメント
しています。

 

このコミットを取ったあと、青字のように誘う(オファーする)と効果的です。

 

ちなみにこの3ステップは汎用性が高く、ホテルに誘う際や
ビジネスシーンでも使えます。

 

=============================

【例:デート後、ホテルに誘うシーン】

男「今日歩いたねー」

女「そうだね、足パンパンー、疲れたー」

男「疲れたね、ちょっとそこで休んでこっか」

=============================

ホテルに行こうかという直接的な誘い方ではなく、
疲れた⇒休むという相手のメリットを含むコトバで
誘うと効果的です。

 

足パンパンー、疲れたというコミットをとっているので
そこに対して一貫性を保ちたいという心理も働きますしね。

 

 

=============================

【例:新規見込み客に商品を販売するシーン】

(雑談中に)

営業マン「あなたの所で使っているシステム2000年に
発売されたやつですね。いいシステムなんですがずっとPC
立ち上げておかないといけませんよね。」

客「そうなんですよー、事務所のPC再起動させている間、
商売できなくて改善したいんですよねー。」

男「うちのシステムはクラウド機能搭載なのでPCの電源
いれいていなくても機能しますよ。」

=============================

「私の商品買ってください」という直接的な言い方ではなく、
相手のメリットになるような言い方「うちのシステムはクラウド
機能搭載なのでPCの電源いれいていなくても機能しますよ。」
をしています。

 

もちろんどちらも私の商品を買ってくれというオファーです。
オファーの魅せ方を変えただけです。

 

また「そうなんですよー、事務所のPC再起動させている間、
商売できなくて改善したいんですよねー。」
はコミットメントですね。

 

ほんのちょっと相手の立場に立ってコトバの魅せ方を変える、
コミットメントを取る、デートに誘う際はこの2点をぜひ意識してください。

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Links


このエントリーをはてなブックマークに追加

4件のコメント

  • はじめまして、とむと申します。

    コミットメントという概念を初めて知りました。
    非常に参考になりました。
    このテクニック使ってみます。

    また、訪問に来ます!

    • l

      とむさんコメント有難うございます。
      アフィリエイターさんなんですね。

      アフィリエイトにおいてもコミットメント
      非常に使えるのでぜひぜひ使ってみてください。

  • こんにちはナオキです。
    私も以前知り合ったばかりの女性にいきなり
    「デートしよう」と誘って断られたことがあ
    りました。
    やはり、「デートしよう」ではなく「今度○○
    に□□しに行きましょう」という誘い方をする
    ほうが成功する確率も高いですよね。
    役立つ情報をありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いします。
    応援ポチッ 

    • l

      ナオキさんこんにちは
      そちらの方が成約率高くなると思いますよ!

      こちらもナオキさんのサイト応援ぽちしておきました

コメントを残す