合コンで盛り上がる大人数定番ゲームまとめ

Sponsored Links
ほうれんそうゲーム

【ルール】
このゲーム、ルールを文章化するのが少々難しいのですが…

 

まずはスタートの人がほうれんそうを2本持ってると思ってください。

 

スタートの人は両手をグーにして、「ほうれんそう ほうれんそう」のリズムで両手を上下に1回ずつ動かし、次の「ほうれんそう」で両手をそれぞれ他の人に差します。

(ほうれんそうを他の人に渡すと思ってください。両方とも同じ人を差してもいいです。)

 

(ⅰ)差された人が2人の場合(「ほうれんそう ほうれんそう」のリズムになります)
片手をグーにして、1回目の「ほうれんそう」でその手を下に下げ、2回目のほうれんそうで各自その手を他の人に差します。

(ⅱ)差された人が1人の場合(「ほうれんそう ほうれんそう ほうれんそう」のリズムになります)

 

最初と同様に、「ほうれんそう ほうれんそう」のリズムで両手を上下に1回ずつ動かし、次の「ほうれんそう」で両手をそれぞれ他の人に差します。

 

以下これを繰り返して、ミスをした人が負けになります。

【リズム】
そんな◯◯から始まる〜ほうれんそうゲーム!「ほうれんそう ほうれんそう ほうれんそう」…

(例)
Aさん「ほうれんそう ほうれんそう ほうれんそう」(CさんとFさんを差す)
CさんとFさん「ほうれんそう ほうれんそう」(それぞれBさんとHさんを差す)
BさんとHさん「ほうれんそう ほうれんそう」(両方ともEさんを差す)
Eさん「ほうれんそう ほうれんそう ほうれんそう」(AさんとCさんを差す)…

 

【ほうれん草ゲームの動画】

 

【ほうれん草ゲームの考察】

ほうれん草ゲームは合コンで盛り上がるのですが、頭が弱くてゲームのルールが理解できない人もたまにいるのでそういう場合は無理に説明して貴重な時間を消費するよりも簡単なゲーム(たけのこニョッキなど)に切り替えましょう。

 

マンションゲーム

【ルール】
まずはゲームを始める前にスタートの人を決めて、その人から時計回りに101、102、103…と割り振ります。(例えばAさんが101だとすると、Bさんは102、Cさんは103、…Hさんは108となります)

 

そして、スタートの人が「101から10◯」と言います。

 

次に10◯の人が「10◯から10△」と言います。次に10△の人が「10△から…」という形で繰り返していきます。言えなかったり間違ったりしたら負けとなります。

 

次に、1階で負けた人が201となり、時計回りに202、203…と割り振ります。

 

上記と同じ流れで進めていき、言えなかったり間違ったりしたら負けとなります。

 

更に、2階で負けた人が301となり、時計回りに302、303…と割り振ります。

そしてまた上記と同じ流れで進めていきます。

最後に、1階、2階、3階で負けた人がまとめて罰ゲームとなります。

 

【リズム】
そんな◯◯から始まる〜マンションゲーム!マンションゲーム〜マンションゲーム〜マンションゲーム!101から10◯〜

 

(例)
1階 Aさん101〜Hさん108とします。
Aさん「101から104」→Dさん「104から107」→Gさん「107から103」→Cさん「…」 Cさんが負けとなり、2階はCさんから始まります。

 

2階 Cさん201〜Hさん206、Aさん207、Bさん208
Cさん「201から205」→Gさん「205から203」→Fさん「205から…」 本来206のはずのFさんが間違って言ってしまったので負けとなります。

 

3階 Fさん301〜Hさん303、Aさん304〜Eさん308
Fさん「301から306」→Cさん「306から302」→Gさん「…」 Gさんが負けとなります。最終的に、Cさん。Fさん、Gさんの3人が負けとなります。

ゴーバックジャンプゲーム

【ルール】
それぞれ「ゴー」、「バック」、「ジャンプ」、「バックジャンプ」の4つのうちのいずれかを言っていきます。

 

「ゴー」は時計回りに1つ進み、「バック」は反時計回りに1つ進み、「ジャンプ」は時計回りに2つ進み、「バックジャンプ」は反時計回りに2つ進みます。

 

反応できなかった人、反応し間違えた人が負けとなります。

【ルール】
そんな◯◯から始まる〜ゴーバックジャンプゲーム!go back jump!go back jump!「ゴー」…

(例)
Aさん「ゴー」(時計回りに1つ進んでBさんに) Bさん「ジャンプ」(時計回りに2つ進んでDさんに) Dさん「バック」(反時計回りに1つ進んでCさんに) Cさん「ジャンプ」(時計回りに2つ進んでEさんに) Eさん「バックジャンプ」(反時計回りに2つ進んでCさんに) Cさん「…」 この場合は言えなかったCさんが負けになります。

 

【ゴーバックジャンプゲームの考察】

ゴーバックジャンプゲームはリズムを早めると難易度が一気に跳ね上がりますね。
また山手線ゲームとかほどではないにしろ、学生時代にやっていて異性側がルールを理解している可能性が高いです。

なので説明の手間が省ける可能性が高いですね。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4

Sponsored Links


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す