合コンで盛り上がる大人数定番ゲームまとめ

Sponsored Links

今回は合コンで盛り上がる定番ゲームを超厳選してまとめました。大人数でできるものばかりですから合コン以外でもパーティや飲み会で重宝します。

ゲームの説明だけではわかりづらいところもあると思うので、それぞれ簡単に具体例を載せていきます。

 合コンで盛り上がる定番ゲーム

028

山手線ゲーム

【ルール】
お題を決めて、時計回りになって1人ずつお題に該当するものをリズムに合わせて言っていくという定番のゲームです。言えなかった人orそれ以前の人が言ったものと同じものを言った人が負けとなります。

 

【リズム】
そんな◯◯から始まる〜山手線ゲーム!お題は…◯◯! せーの!、拍手2回、◯◯、拍手2回、◯◯、拍手2回…

 

(例1)お題が「山手線の駅名」の場合
Aさん「新宿」、Bさん「渋谷」、Cさん「原宿」、Dさん「池袋」、Eさん「…」 この場合は言えなかったEさんが負けとなります。

 

(例2)お題が「都道府県の名前」の場合
Aさん「東京」、Bさん「青森」、Cさん「神奈川」、Dさん「北海道」、Eさん「新潟」、Fさん「神奈川」 この場合はFさんが既に他の人(Cさん)が言ったものを言ったので、Fさんが負けとなります。

 

【山手線ゲームの動画】

 

【山手線ゲームの考察】

合コンで定番の山手線ゲーム。

 

お題は皆が平等なものであればなんでもいいですが、合コン前半で自己紹介が終わった後に、「この中にいる異性の名前」というお題を出すと盛り上がる&名前の確認になりますのでよかったら使ってみてください。

 

たけのこにょっきゲーム

【ルール】
手を山の形にして(たけのこの形にして)、各自が自分のタイミングで「1にょっき!」、「2にょっき」…と言って手を上に上げていくゲーム。最後の1人になるor同じタイミングでにょっきしてしまった人が負けとなります。(運の要素が強いです)

 

【リズム】
「そんな◯◯から始まる〜たけのこにょっきゲーム!たけのこたけのこにょっきっき!…1にょっき!…2にょっき!…」

 

(例)Cさん「1にょっき!」、Eさん「2にょっき!」、Aさん&Dさん「3にょっき!」 この場合はAさんとDさんが同じタイミングでにょっきしてしまったので、AさんとDさんの2人が負けとなります。

 

【たけのこニョッキゲームの動画】

 

【たけのこニョッキゲームの考察】

1回の消化時間が非常に短いので罰ゲームでお酒を飲みまくって合コンの場を盛り上げるならたけのこニョッキ連打もありです。

 

これでべろんべろんな状態を作り出すことができます。間髪いれずに負けた人からまたたけのこニョッキをはじめると言う感じですね。

 

ピンポンパンゲーム

(ルールがいくつかあります)

【ルール1(基本編)】
時計回りになって、1人ずつ「ピン」、「ポン」、「パン」と言っていき、「パン」の人は「パン」と言いながら自分以外の誰かを指差します。指を差された人からまた時計回りに1人ずつ「ピン」、「ポン」、「パン」と1人ずつ言っていき、「パン」の人はまた自分以外の誰かを指指して、指を差された人から「ピン」、「ポン」、「パン」…これを繰り返します。

 

「パン」の時に指を差さなかった場合や、指を差された人が反応しなかった場合、指を差されてないのに反応した場合などが負けとなります。(このルールでは「ピン」や「ポン」の人が指指した場合も負けになります。)

【リズム】
そんな◯◯から始まる〜ピンポンパンゲーム!ピンポンパンーピンポンパンー!「ピン」、「ポン」、「パン」…

 

(例)
Aさん「ピン」、Bさん「ポン」、Cさん「パン」(Fさんを指差す)、Fさん「ピン」、Gさん「ポン」、Hさん「パン」(Bさんを指差す)、Bさん「…」 この場合は反応できなかったBさんが負けとなります。

 

 

【ルール2(応用編)】
基本的にはルール1と同じですが、今度は「ピン」の人も「パン」の人も(フェイクで)自分以外の誰かを指差します。しかし、「ピン」の人と「パン」の人が指を差しても、差された人は反応してはいけず、そのまま時計回りに進みます。

 

(例)Aさん「ピン」(Dさんを指差す→でもDさんは反応していけない) そのままBさん「ポン」(Fさんを指差す→でもFさんは反応してはいけない) Cさん「パン」(Eさんを指差す→普通にEさんのターンになる) Eさん「ピン」(Aさんを指差す→Aさんんは反応してはいけない) Aさん「ポン」…この場合はAさんが間違って反応してしまったのでAさんが負けとなります。

 

※更に応用編として、「ピンポンパンアンパンマンゲーム」などがあります。ルールはほとんど同じで、「ピン・ポン・パン・アン・パン・マン」のリズムで言っていき、2つの「パン」のところでそれぞれ指を差してターンが変わっていきます。

 

【ピンポンパンゲームの動画】

 

【ピンポンパンゲームの考察】

技術介入度が高めなので、予めこのゲームに強くなっておいて自分が負けたくないときにピンポンパンゲームをやるといいですね笑

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4

Sponsored Links


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す